血圧計とコンディションが良い男性

当サイトでは血圧に関する情報(高血圧治療薬・血圧の測り方など)をご紹介します。体調を左右する血圧のコンディションは常に気遣って生活することが大切です。きちんと毎日の血圧測定をして、自分にあった降圧剤を利用することを推奨します。

血圧の測り方と注意事項

血圧を測定するなら、その人の健康状態や抱えている病気などを知る助けになります。血圧が平均的な数値よりもかなり高いのであれば、脳卒中、脳こうそく、心筋梗塞、動脈硬化といった様々な病気を引き起こす危険があります。そして、結果的に寿命を縮めてしまう場合もあります。また、逆に血圧が低いと貧血といえます。血圧を測って適切な適切な処置を施すなら、早めに病気を見つけることができますし、進行を防ぐこともできます。自分の血圧を知る方法としては、病院で測定することができますし、駅やスーパーなどにある測定器を活用することもできます。また、コンパクトな測定器を持っていて、自分で測定することもできます。では、自分で血圧を測るときにはどのようにしてはかるとよいのでしょうか。まずは、信頼できる測定器を選ぶことです。手首や指先で測定するタイプよりも、上腕部にカフをまくタイプが正確に測定できます。信頼できる測定器を選んだなら、洋服をまくり腕をしっかりと出しましょう。その際に肩の力を抜いてリラックスしましょう。緊張していたりドキドキしていると、普通よりも高い数値が出てしまいますので、リラックスしましょう。そして、立った状態で測定するのではなく、必ず座って測定しましょう。そうするなら、正しい数値を出すことができるでしょう。加えて、ほかの注意事項としては、毎日同じ時間と同じ条件で測定することです。例えば、朝測定するのと、夜測定するのとでは数値が異なります。それで、毎日同じ時間に測定するようにしましょう。また、入浴後や食事後さらには運動した直後は測定しないようにしましょう。ぜひ、血圧を測定することを習慣にして健康で長生きをしましょう。